看護師の転職先としての養護教諭について

看護師と似た職種のひとつに、養護教諭というものがあります。簡単に言えば、学校の保健室の先生ということになります。怪我や病気の処置をしたり、校医をサポートして健康診断を行ったりします。時には生徒の心のケアを行うこともあります。看護師資格を持つ人が養護教諭になるためには、専門の養成機関で所定の課程を修める必要があります。

具体的には教育系大学の養成コースや保健師養成学校などです。通常、1年間学ぶと養護教諭1種の免許を取得することができます。なお、すでに保健師の資格を有している場合は、申請のみで養護教諭2種の資格が得られます。養護教諭は原則として夜勤がなく、勤務時間が安定しているため、看護師からの転職先として近年は人気が高まってきています。ただし実現するのはんなかなか大変です。まず、公立学校で働くためには各自治体(教育委員会)が実施する教員採用試験に合格する必要があります。そして求人数自体も決して多いとは言えません。

子持ち看護師が転職する場合

看護師は人手不足から転職には有利とされていますが、女性で子持ちとなるとやはり夜勤や深夜残業は避けたいところです。それが幼稚園児や小学生など、まだ小さな子供ならばなおさらのことです。その場合は、どうしても働く条件が限られてしまい転職にも不利になってしまうことは否めません。ですが、大きな病院や入院患者を扱う病院を避け、個人病院に勤務すればある程度の問題は解決されます。どうしても残業がある場合は、子供を預かってくれる学童保育のような場所の近くに勤務する方が気持ち的にも安心できます。近くにそういった施設がない場合には、託児所のある病院を探す手段もあります。

実際には、まだ数は少ないのですが託児所を併設している産婦人科などは、ここ最近で数を増やしてきてはいますし、小児科でも見かけることが出来ます。子持ちで転職する方に対し、残業を減らすなど寛大な条件のもと採用をしてくれる病院もあるので粘り強く探していくことが大切です。

看護師が復職をするとき

看護師が育児など何らかの事情で一時的に仕事を辞めた時、数年経ってまた仕事を再開したいと感じる人も少なくありません。一般に、看護の世界は需要が多いわりに供給がまだ不足しているので、経験がある人なら簡単に現場復帰させてもらえると考えがちです。確かにその傾向もありますが、看護の現場は仕事が大変なので、復帰をしたくても本人が躊躇する可能性もあります。特に、出産で仕事を休んでいた場合には、子育てと両立できるのか不安に感じる人が多くいます。

幸い、看護の現場は女性が多いので、子育てとの両立には理解されやすいと思いがちですが、子育てを経験している女性だからこそ女性に対して厳しいという側面もあります。看護師が復職する時は、仕事を辞める前と同じ現場に戻るというのも1つの手段ですが、それだけでなく色々な職場を探してみるのも有効です。色々な病院に応募して話を聞いてみて、納得のいく職場で仕事を再開することがお勧めです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ