看護師がうつ病になった後、復職することは可能です。

看護師は、業務内容、人間関係のトラブル、勤務時間の不規則な生活から、ストレスが多いため、うつ病を患うケースはよくあります。うつ病をコントロールしながら勤務できる方もいますが、身体が動かなくなるほど疲弊し、休職や退職する方もいます。うつ病は完治はしませんが、ゆっくり休養をとれば、体調もある程度よくなり、また看護の現場に復職することも可能です。ストレスから解放されることが、一番の休養になります。勤務実績が連続して12カ月あれば、傷病手当金をうけることができます。手当金は月収の約6割となりますが、それでも経済的に安心できると、先を心配せずに治療に専念することができます。

退職された方は、他の勤務先へ就職されたり、中には同じ勤務先に復帰することもあるようです。復職後は、上司に相談しリハビリ勤務(短時間勤務)を設けてもらうとよいかと思います。いきなりフルタイム勤務になると、身体の疲れだけでなく精神的の疲れもドッとでてしまいます。うつ病は自律神経に関わる病気なので、ストレスだけでなく、風邪などへの抵抗力も落ちてしまいます。復職してからも、自分の体調管理に気を配ってください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ