認定看護師は熟練して水準の高い看護師

認定看護師とは水準の高い看護師のことをいいます。水準の高い看護師とは色々な経験を積み熟練された看護師のことです。熟練されているので高い技術を持っています。熟練された看護師を社会で利用することによって医療現場を高速化することができ、安全性も高めることができます。日本看護協会の審査に合格することによって認定看護師になることができます。

認定看護師の仕事は施設や個人によって異なります。基本的な仕事は救急看護や集中ケア、訪問看護などたくさんのことを行います。看護現場では実践や指導などの役割を果たすことによって質を高めることができます。認定看護師になるにはまず保健師の免許を持っている必要があります。その後実務経験、試験に合格。認定の審査に合格する必要があります。合格するためには時間やお金が必要になってきます。実務経験は5年間とされています。認定看護師命を助ける重要な仕事なのでそれなりの苦労と勉強が必要になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ